見た目年齢,保湿ケア

年齢を増せば増すほど、見た目年齢はとっても大事!

相手を見る時は、まず顔ですよね。顔つきや肌艶等で、相手の印象はほぼ決まってしまいます。若いな!と思われるのは、肌にハリやツヤがあり、シワが無い事です。髪の毛にもツヤがあると、若々しくて綺麗な印象になります。乾燥肌対策を忘れるとシミやしわの原因となるので注意です。肌にハリやツヤも無い、シワがあってシミもある、くすんだ肌、どう考えたって老齢を感じますよね。特に30代後半になっていくと、ケアをしている人としていない人とでは、この差が物凄く出てきます。同じ歳なの??って位に。顔に、老けを作らないようにしましょう。見た目年齢を上げられる年齢なのに顔に老けがあるのは、女性としてガッカリです。

肌を老けに繋げる紫外線

肌が老化してしまう半分以上の原因は、紫外線が大きく影響していると言われています。紫外線は想像以上に恐ろしい物で、紫外線を浴びた事による発生してしまう活性酸素が悪さを働きます。肌のうるおいを作り上げる、乾燥肌スキンケア,コラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。それにより、肌がどんどん老けてしまいます。紫外線の影響は、若いうちに浴びた紫外線によるメラニンが、年齢肌になってから発揮してしまいます。年齢肌になった時にメラニンを発揮させない為には、若いうちからの紫外線ケアが大切と言えます。若い人は、年齢を増した時の為に、きちんと紫外線ケアをしましょう。じゃ年齢肌はしなくていいのかではなく、年齢肌もこれ以上紫外線の影響を肌に与えないように、紫外線ケアをきちんとするようにしましょう。紫外線を浴びさせない事が、肌を若々しく保つ為の秘訣です。

タバコとビタミンC

肌老化の要因の1つに、タバコがあります。タバコは、吸う事でストレス発散になっている方も居ると思います。ストレスも肌を老化に導いてしまうので、ストレス発散は大事な事と言えます。しかし、タバコは、体内のビタミンCを簡単に破壊してし、あいます。活性酸素も多く発生させてしまうので、お肌には絶対良くありません。喫煙しない事が、1番です。しかし、どうしても無理なのであれば、本数を減らすようにしましょう。喫煙によってビタミンCが居なくなってしまうので、追っかけビタミンCを摂取してあげましょう。喫煙をしている方は、特にビタミンCが必要と言えます。かんきつ類やイチゴに多く含まれていますので、女性は摂取しやすいですよね。でも、もっと摂取したいと思う方は、サプリメントで補助してあげる事も良いと言えるでしょう。

肌に摩擦をいっぱい与えてはいけない

うっかり肌老化を招いてしまう習慣の1つに、肌に摩擦力を与えている事があります。肌に摩擦力を与えてしまうと、肌に大きな負担になってしまい、肌トラブルを招いてしまいます。乾燥を引き起こしたり、肌のくすみを引き出してしまう事がありますので、注意が必要です。洗顔時に、ゴシゴシ肌をこすらないようにしましょう。洗顔時には、なるべく優しくするようにし、クレンジングや洗顔料を肌の上で動かしながら、汚れを浮かせてあげましょう。顔をタオル等で拭く時も、ゴシゴシしてはいけません。ゴシゴシしないと水分が取れない、と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。タオルをそっと肌に当ててタオルに水分を吸収させてあげるだけで、水分は良く取り除けます。タオルも清潔な物を使うようにし、硬めでは無く柔らかい素材の物を使ってあげましょう。肌質の良いタオルと使うと、タオルを肌に当てる事が楽しくなりますよ。

たっぷり保湿する

スキンケアの基本は、たっぷりの保湿です。肌にうるおいがタップリあると、肌が老化しにくくなるので若々しい肌を保つ事が出来ます。特に年齢肌になると、肌の奥から徐々に潤いが無くなっていきます。それに逆境出来るように、どんどん与える水分量を増やしてあげましょう。ニキビ化粧水は、肌に1度付けて終わりという方も多いと思います。しかし、年齢肌になっていくと、それでは役不足となってしまいます。1度肌に付けてから、少し時間を置いて2度付け3度付けしてあげて、肌にたっぷりのうるおいを与えてあげましょう。それじゃ、化粧水のコストばかりかかってしまうから出来ない、なんて思わないで下さい。プチプラの安価な保湿クリームでも、たっぷり含ませる事で潤いを増す事が可能です。決して高価なスキンケアばかりが、良いとは言えません。大切なのは、肌にしっかりのうるおいを与える事です